liquid, timeless
moi je prend soin de moi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

no-no-no



友達から


30になってもお互い独身だったら週末婚しよーぜ笑

と言われた。

私の諸々を知る、さばけた良き友であるので
うむ、嬉しい?なーははっ と
1分後には忘れてエイミーワインハウス聞いて
やっと借りられたベルカ読んで夜は終了の筈であった。
とはいえ、週末婚。

あー「週末婚」好きだったなー中1だっけ。
出ている人が皆演技上手で
(川原亜矢子だけは笑っちゃうくらい下手。
でもいいのだ、かえって邪気がなくってきれいだもん) 
まあ中でも永作は永遠に月子だよね。
しかも阿部寛って何て美男なんだろう。はぁ。
というような思えばタイプ形成原体験をしたり、
中1は何かとターニングポイントだった。

あからさまに初めて人に嫌われ、
「たらし」を初めて間近で見て(彼はほんと美しかった)
男の媚の効能を知り、
急に男と女が色目を使い出す環境には違和感オオアリで、
はぶられない程度にうまいことやって、逃避。
やっぱ男女なんてこーでなきゃねと週末婚にどはまりした。

とはいえ、週末婚。
妙だ。

だってそんなの1番に好きな人だったら週末が楽しみだけど
そんな人だったらそもそも毎日会いたいし。そうなれば
私のウィークデーは落ち着かず仕事もままならず、
ついに仕事を投げ出して「やめちゃった」なんていったら
眉間に皺よせられて(男の人にそうされるとぞくぞく)
その場でリコンになっちゃって職も相手も失う。
プランB実行で、最後の地北海道積丹近くのさびれた町で
おさかな干して売るおばあちゃんになっちゃうこと
間違いなしである。

いやいやいやいや、それは困る。
ので私はどっちかというと、週末自由婚がいいな。
それで色々遊んだりすんの。
って結婚する意味まったくないですけどね。
好きな人とは結婚すべきじゃないってやつ実行で。


割り切り最上愛の結晶と言えば、モラヴィアの「金曜日の別荘」で、
ノックアウトうけあい。
ゴダールの「軽蔑」のおかげでイメージはまたもBB

松下と阿倍寛の和解はこの作品にヒントを得てんのか、
なんてまぁ思わなくもない、破滅的に美しくて

そんな二人を前に、月子は週末婚の限界を知ったのでした。
中学生はちょっとぐわっときた。
そうだね。ああいう時、人は人の片割れになれるんだろう。


いーね。そういうのなら。いいよ、やーでも
そんな解脱みたいなヘドウィグと怒りのインチ無理っすよ。
無理無理。結婚無理。
と、結論したら、落ちた。



その日、夢で、さっそく私は不倫する。

青い部屋、低い天井、水音。あれここどこだ。
腹の出た、はげかかった。潔い顔。誰だこいつ。
(今でも覚えてんだけど、町で会ったらどうしよ)
ばたばたスーツを着込んで、私も服かき集め、
次の約束をしてドアを開けるとまたドア。
いくつも。ロビーだ。
二人掛けの椅子にぽつぽつと人がいる。
「じゃあ」
え、あ、そう、こいつら私の「客」なんだ。
ってことはこいつも、つーか


そう思い当たったとこで、蘇生。はは。
脳に全力でキョヒられた。
脳、落ち着け。
やめるから、そう限界もちゃんと見るから。


夏がー終わった。
【2007/09/29 00:37】 | Journalとか | トラックバック(0) | コメント(0)
<<homie | home/a> | 濁点に近い月>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

mri:

It's been a long time

recent entry

archives

comments

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。