liquid, timeless
moi je prend soin de moi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

サマリア

たしか
藤野とモーターサイクルダイアリーズを見に行ったとき(懐かしい)
予告でみた映画。
観ようとおもっていたのに、こんなに遅れてしまった。


ユジンと友達は旅行の資金稼ぎのため、援助交際をしている。
ユジンは専ら、外で警察の摘発の見張り役。
ある日ユジンが見張りを怠ったため、友達は命を落とす。
やがてユジンは、彼女のやり方で友達への罪滅ぼしをはじめる
でもそれは彼女の父を大きく傷つけていく


あらすじを書いてはみたものの
この作品にはそれに収まらない
人物同士の思惑、事情、感情が絡みあってできたものだ。
揺れる感情、それを描き出せる類まれな監督でしょう。
どんな人物も豊かで、どんな人も自分みたいに感じる。

とにかく、ユジンのやる罪滅ぼしは痛々しく、鬼気迫る。
でも罪滅ぼしは彼女にとっては「治療」でもある。
治療を通してユジンは友達と一体化していく、怖いくらいに

それからユジンの父親がまずすばらしい俳優。
警察という良心の仕事人であった彼は事実を受け入れながらも
どうしても娘には近寄れない。
愛しすぎたゆえ。


そう、いかに屈折しようと、倫理に反しようと
根底にあるのは愛
だからこそ、ユジンは自分を殺してでも
明確な愛でもって殺す。
だからこそ、父親はユジンへの愛情を通す
それは予言を越える。

ラストには、どうかどうかユジンの心が平安であるようにと
祈ってしまうような、鮮烈で濃厚な余韻が残る作品。
うーん、近年ベストかも。
韓国はなかなか面白いものが多い。
「殺人の追憶」、「オールド・ボーイ」
これでもかって程濃く、グロテスクな作品。
キムギドクの新作「弓」が公開中です。
誰か、ぜひ見に行きましょうよ。



【2006/09/19 00:57】 | Journalとか | トラックバック(0) | コメント(0)
<<見る | home/a> | Never Let Me Go>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

mri:

It's been a long time

recent entry

archives

comments

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。