liquid, timeless
moi je prend soin de moi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

電車をおりて

いいたいことを言わないのは関係ではないはずだ。
データにおわれ、完璧な説明におわれ、
時間をむだにしないよう注力する。
人が退屈しないようにし、神経をさかなでしないようにし、
タバコのにおいが服につかないようにする。
嫌な顔もしないし下手にも出る。あつかましくもする。なつく。
だから、はっきりと、飽き飽きだという意思表示をうければ
それにはそれで動揺する。
あなたはとてもとても似ている。
とてもとても似ているので、毎日恐ろしい。
けれど毎日ひやひやしたくなる。
昼間のひとりあるきを、片肘ついてパソコンの画面でもながめるようにして、見ている。
夜になる頃、おかえりといい、ただいまといい、
なだめすかして一緒にうちへ帰る。
ことたりて、必要ない。
必要なはずだと疑うものの、結局は同じところに帰ってくる。
もう大丈夫だ、誰とも話さなくてよい。
それではじめて腰かける。

【2009/06/02 01:42】 | Journalとか | トラックバック(0) | コメント(0)

要素

切りさく痛みはなかった。ふと手をやり、小さく穴があいていることに気づいたのだ。
傷ではない。皮膚のふちどりのされた穴。少しずつずつたどりながら、
中にある棘を探した。無機質ななにかが見えた。同時に、穴から炭酸を含んで
青く膿がでて、体外で次々に固まった。ひからびたスポンジに似ている。
指には液体の残像が青く残る。
水分を失った固形物は、指で触るとばらばらとほどけるように散った。
穴に視点が動く。膿がたまっていた部分の、余った皮膚が息をついてしぼむ。
その先に、なにか分からない、でも大きなものが出てくる予感がする。
動きを止められず、異物にとりかかる。先端が穴のほうへたぐりよせられ、姿を見せる。
血もでない。痛みもあるはずなのにない。
何かがおかしいとわたしの常識が言う。でも何がおかしいのか。
おかしいということは、ここで引き返すべきということなのか。
それでも、後にはひけないことを悟れば、あとはもう貪るだけだ。
力をゆるめない。手を離さない。
するすると、完璧に透明なものが見える。視覚の驚きがあるが、なすすべもない。
ただ無抵抗に凝視する。先端を斜めに切り落とされた、ペンほどの長さの物体が出てくる。
甘皮押しだ、と思う。そんなものを熱心に使うことはないというのに。
何の分泌物も構成要素もまとわず、くぐりぬけたものを一切感じさせない、
しがらみのない物体を手に、見上げると、「出てきた?」と上司が言う。
悲鳴はいつも声にならない。


【2009/06/01 01:14】 | Journalとか | トラックバック(0) | コメント(0)

反駁

会っていなかった人

ここでこうやって私をみるのは水槽みたいでしょ。

わたしの小さな生活。

実態のないさかな。
【2009/05/19 01:39】 | Journalとか | トラックバック(0) | コメント(0)

祝杯のようなもの

友Sの誕生日。そういうわけで、ビール、焼酎、ジン、なんちゃらダイキリ(今回の主犯)、
ウイスキー、テキーラ、シンガポールなんちゃらの摂取にまつわる一部始終。

飲み屋で会った米国人には私の「Home」の発音が嫌だといわれた。
そんなこと言われましても。じゃあ、私はあなたのGAPモロバレ赤Tシャツと、
マルメンライトと緑のライターが嫌だ。クリスマスか。
とは、思っても言わないいい大人。

飲み屋、バー×3、クラブ1不発、よっぱらい東横インに捨て去り(一泊4000円!)の後
伊勢崎町で始発をうじうじ待つ。乗り過ごしてUターンして帰宅。
教訓:やっぱ酒は3種まで。それ以上いくと気持ち悪いというより、色々へんになる。
今回は途中からブラなしという暴挙にでた、TGふわり服。
結果、米国人に「あなたはブラ必要ないね」と言われる。
ブラ問題には男のハゲ問題と同等の配慮が必要だ諸君。

Sに(しーかしほんとぴったりなイニシャルだな)さんざん「お前は色気が全くない」といわれ
洗濯槽のとけ残りの粉洗剤ほどには存在したであろう、小さな色気への自信が消滅。
色気ってなに?どんな名前をつけても、たどり着く行為はそのまま。


とはいえ。ふんだりけったりでもさして文句はない。そういう人です。
おめでとう。
【2009/05/07 01:02】 | Journalとか | トラックバック(0) | コメント(0)

代償

その忌まわしき病院を通りかかり、思い出したこと。

医者は言った、「経験人数は何人なの?」
必要以上に重厚な、やぼったい机をはさんで。
後にも先にも、あれほど嫌な診察はなかったな。
おとなしい格好をしても、きちんと返答しても、
純な人間としては扱ってもらえないんだなと思った。

いつかあの病院に、しかえしをしてやろう。
いまやわたしはクレーマーなのだから。
坂道をくだる。
【2009/05/04 12:36】 | Journalとか | トラックバック(0) | コメント(0)
前へ 次へ

mri:

It's been a long time

recent entry

archives

comments

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。